脱毛の種類とそれぞれの利点を比較

ワックスや毛抜きによる脱毛は頻繁な処理が必要でありそのたびに肌に負担がかかるので、現在脱毛として商業上主流になっているのは永続性の高い処理方式です。
具体的にはサロンで行うフラッシュ方式とクリニックで取り扱うレーザー方式、さらに需要はそれほど多くないもののニードル方式があります。


フラッシュとレーザーは選択光の性質を利用して短時間で広範囲のムダ毛を処理することが可能な点では共通していますが比較すると様々な違いがあります。

レーザーは高出力で単一の波長を使用しますが、フラッシュはそれよりマイルドでいかも複数の波長を組み合わせています。



肌やムダ毛の質により適性は異なるので、十分な比較が事前に必要ですが全体的な観点から見た場合、威力と持続期間を重視するのであればレーザー、価格の安さと肌への優しさであればフラッシュが優れています。

ただどちらでも照射処理時に熱を発するため、施術終了後は十分な肌ケアを行います。



また現在唯一永久脱毛として認可されているニードル脱毛では施術士が毛根ごとにプローブを刺して電流を流すす施術法です。
人の手で行うので微調整が可能であり、スピードを重視する選択光を利用した脱毛と比較して時間はかかりますが、仕上がりの美しさの点では一番です。

ヘアサイクルにあわせて何回かは通う必要があるのはすべての方式で同様ですがコース終了までの回数については個人差があり、一概にどれが少ないとは言えません。